MENU

債務整理依頼を行う際に必要となる費用の目安

借金をどうにかしたい場合に行う債務整理は、自分で進めるよりも弁護士などの専門家に依頼をした方がスムーズで確実です。任意整理などの裁判所を利用しない進めやすい債務整理手続きもありますが、裁判所を介さないと法的な拘束力は無いので、個人で進めるとどうしてもうまくいかないこともあります。

 

任意整理は債務整理の中でもメジャーな手続きで、債権者と債務者の話し合いによる借金の整理を行うものとなります。内容としては「借金は払っていきたいけど今の返済プランでは払えない、返済プランを立て直して借りた分だけでも支払いたい」と話し合うものとなります。

 

借りた分だけの支払いはする、利息は免除してほしいと、言ってみれば貸し手側にはメリットの無い内容となりますが、1円も回収ができないよりはせめて元金分だけでも返してくれるならまだマシでもあるので、多くの債権者は任意整理に応じてくれます。

 

とは言ってもそれは弁護士や司法書士などの専門家が進めた場合の話であり、個人が任意整理を進めようとしてもうまくいかない場合が多いです。弁護士などを頼った方が確実ではあるのですが、その際にネックとなるのが債務整理にかかる費用です。

 

弁護士はボランティアではないので依頼をすればお金がかかりますが、最近では着手金や相談費用といった実際の解決に至るまでの費用に関しては無料とするところが増えています。任意整理による解決が行われれば成功報酬として債務整理の必要費用がかかるため、昔に比べると債務整理は進めやすくなっているのです。

 

ただ、だからと言って軽い気持ちで進めるべきではないので、しっかりと考えて相談をした上で債務整理を行うべきかを検討してください。