MENU

一度でも使ってしまうと返済に困る闇金融

闇金融は違法な貸し付けを違法な取り立てによって回収を行うところを指し、多くは正規の業者から借りられなくなった方、または融資条件を満たせずに借りられない方に対して異常な高金利で少額を貸し付けています。

 

2万円や3万円などの少額の融資に対して利息は一週間や10日で1万円や2万円となるところもあるほどで、当然ながらそんな高金利で借りれば返済ができなくなるに決まっています。そもそもそんな異常なまでの高金利で借りるのかと疑問に思うものですが、目先のお金につられて借りてしまう方もいるのです。

 

たった一週間や10日で返済額が借りたお金の倍になるなどおかしな話で、冷静に考えれば借りるはずがありません。しかし、闇金融側もなれたもので巧みな営業トークによって安心感を植え付けて貸し付けを行うため、利用者側は闇金融が危険なところであるといった認識すらも忘れて借りてしまう場合があります。

 

危険だということを忘れて闇金融から借りてしまったとしても、返済は忘れることはできません。違法な金利の法外な利息による支払いがすぐ迫ってきて、払えなくなれば暴力的な違法な取り立てが繰り返されることとなります。

 

取り立てや嫌がらせの被害は借りた本人だけでなく様々な方面に広がってしまうので、一時の気の迷いから闇金融を利用してしまい、返済に困っている状況であれば、とにかく早めに闇金融返済で困っていると弁護士への相談を進めておくと安心です。