MENU

慰謝料に関する問題も弁護士では得意としている

慰謝料にも様々なものがあり、それぞれによって争点となる部分が異なります。特に最近よく見聞きするのが交通事故に関連する慰謝料で、主に交通事故の被害者側が加害者に対して慰謝料の請求をする内容です。

 

交通事故は怪我の程度によっては今後の生活にも大きな影響を与える可能性もあるため、被害者側は慎重に慰謝料の金額を決めなければなりません。ただ、大体の交通事故の慰謝料の相場といったようなものは分からず、どの程度まで請求ができるのかが見えてこないものです。

 

特に交通事故の件数が多い愛知県においては、いつ被害に遭ってしまうかは分からないので、交通事故の慰謝料問題についてはしっかりと知っておかなければなりません。

 

基本的に交通事故の慰謝料は、怪我の大きさによって金額が変わります。具体的にいくらになるかは過去の事例をもとにして算出される場合がほとんどで、似たような事故や怪我の事例から支払うべき慰謝料を決めます。

 

しかし、被害者側は個人であるのに対し、加害者側の慰謝料を支払う側は多くは保険会社を相手とするため、個人である被害者側はどうしても言いくるめられてしまいがちです。保険会社が提示してくる事例だけを見てしまい、少ない金額の慰謝料で示談を成立させてしまうのです。

 

軽い怪我であれば良いかもしれませんが、交通事故が原因の怪我による症状は後から発覚する場合もあります。一度示談を成立させた後に症状が出たからと示談をやり直すのは難しいので、確実に確認をしながら示談を進めなければなりません。

 

最近では弁護士も交通事故の示談交渉に多く参入しており、保険会社が提示する金額よりも多くの慰謝料の獲得に成功しています。交通事故の件数が全国ワースト1になる愛知県でも、多数の弁護士事務所で愛知の交通事故慰謝料に関する相談を受け付けているので、保険会社が提示してくる示談内容に納得が行かない場合には、一度相談をしてみると良いでしょう。